高分子の自己組織化を活用した高輝度フルカラー発光性ナノ粒子の創製

中林千浩
(山形大学 大学院有機材料システム研究科 助教)

2017年8月22日火曜日

第301回やさしい科学技術セミナー

8月17日、第301回やさしい科学技術セミナーの講師を担当しました。
講演タイトルは、「プラスチックで創る次世代エレクトロニクス」です。

様々な機能(例えば、熱に強い・電気を通す・光る・光を吸収する、など)を持つ高分子「機能性高分子」は、現在様々な用途で利用されています。さらに近年、導電性高分子を利用したエレクトロニクス「有機エレクトロニクス」が注目されています。有機エレクトロニクスの利点は、高分子の長所である柔軟性や軽量性をエレクトロニクスに活かすことで、柔軟かつ軽量なディスプレイや照明、電子回路、センサー、太陽電池を開発できることです。本講演では、有機エレクトロニクスの鍵となる導電性高分子の解説、有機エレクトロニクスによって私達の生活はどのように変わるか、などについて講演させて頂きました。

講演後の質疑応答では、「高分子産業は石油に依存していると思うが、石油に依存せずに高分子産業を発展させることはできるのか?」「新しい導電性高分子を設計する時、その設計指針は何から得るのか?」など、鋭い質問に少々驚かされました(笑)。

また、本講演の参加者は、私の母校である三重県立上野高等学校の理数科の学生でした。
高校を卒業以来、後輩の前で話すことは初めての経験でドキドキしましたが、私にとっては非常に有意義な経験となりました。

本講演をサポートして頂きました財団関係者の皆様、三重県立上野高等学校の先生方には、この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。





2017年4月21日金曜日

研究助成贈呈式とJapan Prize授賞式

この度、国際科学技術財団の2017年研究助成の「エレクトロニクス・情報・通信」分野に採択して頂きました。国際科学技術財団の関係者ならび関係各位にこの場を借りて御礼申し上げます。

さて、4/18, 19に研究助成贈呈式とJapan Prize授賞式に参加してきました。
まず初めに驚いた事が、国際科学技術財団の研究助成贈呈式のボリュームです。
贈呈式の後、選考委員の先生方と同分野で採択された先生方との懇談会、Japan Prize 「エレクトロニクス・情報・通信」分野の受賞者であるアディ・シャミア博士を交えての学術懇談会、懇親会と非常に内容の濃い贈呈式でした。

贈呈式の翌日は、Japan Prize授賞式に参加させて頂きました。こちらは研究助成採択のボーナス(?)としてご招待頂きました。天皇皇后両陛下もご臨席なさる授賞式への参加は、忘れ難い経験となりました。授賞式中は、変にテンション上がって結構そわそわしていましたが。。。(笑)

このような格式高い科学の祭典に参加し、科学の一端を担う研究者として志を新たに精進しようという気持ちになりました。この度採択頂いた研究課題についても、良い結果を出せるよう精進しようと思います。



本ブログでは、研究の事だけでなく学会等で訪れる土地のこと等々、色々な情報を発信していければと思っています。

よろしくお願い致します。